片耳難聴者の「得意なこと」と「苦手なこと」のまとめ

【得意なことその1】その瞬間に一つのことに集中する事が得意

片耳難聴者は、片方の耳からしか音を聞くことが出来ません。

健常者に比べて、耳(聴覚)からの情報よりも、目の前のもの(視覚)からの情報を優先する傾向にあります。

なぜなら、片耳難聴者は、音の方向感覚がないため、音がなった方向や話しかけられた人を探すために目を多用するからです。

そのことが、引き起こす事例としては、テレビや漫画、勉強をしている片耳難聴者に声を掛けても、全く反応しないといったシチュエーションがあります。

人が目の前の何かに集中する時、耳からの情報をシャットアウトします。

この時、健常者は二つの耳から入ってくる音を無意識の領域でうちにシャットアウトしています。

ですが、片耳難聴者は一つの耳からの音をシャットアウトするだけでOKなので、集中している時は、周りで大きな音がなっても、声を掛けられても、それに気がつきません。

さらに、健常者に比べて普段から耳からの情報よりも、目からの情報を多く処理しているため、より目の前の視覚情報に集中している状態にあります。

ですから、片耳難聴者の集中力は健常者よりも優れている場合があります。

【得意なことその2】文脈や話の方向性を推測する

片耳難聴者は、健常者よりも会話の音がよく聞こえていません。

具体的にいうと、単に会話をしていたとしても、立ち位置が悪ければ(片耳難聴者の聞こえない側に相手がいる場合)、片耳難聴者は聞こえなかった言葉を常に推測しながら相手の話を理解しています。

ちょうどその時に、横を車や子供が走ったとしましょう。

その時に聞き取れた言葉の数は、健常者に比べて少ないのですが、片耳難聴者はそのようなシチュエーションを何度も経験しているため、話の流れや、言葉を推測する力を使って、相手が発したであろう言葉を推定して理解する工夫を無意識のうちにしています。

ですから、どちらかというと健常者よりも片耳難聴者の方が、話や物事の先を読む力を持っている場合があります。

【得意なことその3】うるさい場所でも快眠できる

片耳難聴者は、片方の耳しか聞こえていません。

ですから、いくら大きな音が鳴っていても、例えば隣にいびきのうるさい人が寝ていたとしても、聞こえる側の耳を敷布団側に向けてしまえば、その音が聞こえなくなります。

どんなにうるさい場所でも快眠できるというのは、片耳難聴者の得意分野でしょう。

次のページでは、片耳難聴者が苦手なことについてお話していきます。


2ページ目(全3ページ中)
当サイトはリンクフリーです。SNSなどでのシェアや、ブログなどでの文章や画像も引用OK(引用元明記いただければ連絡不要)ですので、ご自由にどうぞ。