障害者手帳はもらえません。片耳が聞こえないってこんなに大変なのに・・・

難聴者が障害者手帳をもらうための基準

一般的に聴覚障害の程度は、医学的にはデシベル(dB)で区分されます。

デシベルとは音圧レベルの単位で、音の大きさを表していて、音が大きいほど高い値を示します。

難聴者は大きな音でなければ聞こえません。

つまり、このデシベルの値が大きければ大きいほど難聴がひどいということになります。

その難聴の度合いを示す区分は、このように決められています。

聴覚障害の区分

dB 聴覚障害 聞こえの程度
0 聴者
10 ささやき声
20
30 軽度難聴
40 普通の会話
50 中度難聴
60
70 高度難聴 大声
80
90 怒鳴り声
100 ろう ガード下での鉄道走行音
110 地下鉄走行音
120
130 飛行機のエンジン音

そして、難聴者として認定され、障害者手帳を交付されるのは、基本的に両耳で70dB以上と決まっています。

この考え方でいくと、片耳は聞こえている片耳難聴者は障害者手帳がもらえないということになってしまいますね。

身体障害者福祉法に定められている片耳難聴者の救済

身体障害者福祉法では、聴覚障害の程度に応じた等級の身体障害者手帳が交付されるとされていて、片耳難聴の場合に障害者手帳を受け取れるかどうか、この6級に当たるかどうかによります。

  • 2級;両耳の聴力レベルがそれぞれ100dB以上のもの(両耳全ろう)
  • 3級;両耳の聴力レベルが90dB以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)
  • 4級;両耳の聴力レベルが80dB以上のもの(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)、両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの
  • 6級;両耳の聴力レベルが70dB以上のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)、一側耳の聴力レベルが90dB以上、他耳の聴力レベルが50dB以上のもの

この条件をクリア出来ていれば、片耳難聴者でも障害者手帳を受け取ることができます。

障害者手帳を貰うことができないか確認しよう!

実際に世の中には片耳難聴で障害者手帳をもらっている人もいるようです。

もしあなたが今までに障害者手帳を貰おうとしたことがないのであれば、難聴や障害者制度の事について詳しく勉強するチャンスになると思いますから、障害者手帳を貰うことに挑戦してみてはいかがでしょうか?

障害者手帳を受け取るための方法

  • 耳鼻科で聴力検査を受け、診断結果で障害者相当か確認する
  • 障害者相当であれば、社会福祉事務所で障害者手帳を受け取る

ただし、診断結果で障害者に該当しない場合は、障害者手帳を貰うのはあきらめましょうね。

最後に一言

今回は、片耳難聴で障害者手帳を貰う方法についてお話ししました。

主治医や役所に聞いてみたところ、実際は方耳が聞えないだけでは手帳を貰う事は出来ない場合が多いそうです。

本当に残念です。

ただ、障害者手帳がもらえるかどうかで人生が決まるわけではないと思っています。

障害があっても周囲の方々に負けない技術や知識を持つとか、耳が聞こえていない事が不利に働かないような職場を探したり、片耳が聞こえない自分をふまえた上で人生設計をすることが幸せをつかむ近道なのかもしれませんね。

それでは!

スポンサーリンク

2ページ目(全2ページ中)
スポンサーリンク