【最新版】難聴の改善に効果が期待される3つの治療法

【治療法その1】突発性難聴の発病後1週間以内なら治療効果が期待できる高酸素療法

ある日突然、片側の耳の聞こえが悪くなる突発性難聴。

原因不明ですが、ストレスや生活習慣が誘因とも考えられていて、その患者は年々増えています。

突発性難聴の治療は安静にして、ステロイド(副腎皮質ホルモン)を投与するのが基本で、循環改善薬、ビタミン製剤、利尿剤、ATP(アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物)製剤などを併用していきます。

その基本的な治療に加えて行われはじめたのが、高酸素療法と呼ばれる治療法です。

高酸素療法とは、高圧酸素下で血漿中に溶解する酸素の量を増量させる目的で、いろいろな中毒症(一酸化炭素中毒からはじまり薬物中毒など)潜函病、末梢血管障害から耳鼻科では突発性難聴、内科の心筋梗塞などにも適用されており、血液中にもっと酸素を増やしたい疾患や高濃度の酸素を血管経由で、ある組織に送りたい疾患に一般に使われているものです。

例えば耳鼻科では突発性難聴のように、治療のために内耳に酸素を送りたい、そして内耳の血管循環を改善して、栄養素(この場合酸素ですが)を一時的にマヒした内耳に大量に送って機能改善をしたい場合に使っています。

具体的には、毎日約1時間、2気圧に加圧したカプセル内に寝てもらい、血中酸素濃度を8~10倍に上げ内耳の循環改善を図ります。

この治療法の効果は、完全に治る人20~30%を含め、約70%は治療で改善するが、耳鳴りが残る人が多く、残りの約30%はほとんど治療効果がないのが現状。

特に、以下の場合はこの治療法でも改善しにくくなる傾向があるようです。

  1. 発症後2週間以上経過している
  2. 聴力障害が強い
  3. 回転性のめまいを伴う
  4. 糖尿病などの持病がある
  5. 高音域が聞こえない

このことからも、突発性難聴だと感じるような症状があった場合は、躊躇せず、すぐに耳鼻科にかかり、医師の指示を仰ぐことが大切です。

【治療法その2】難聴や耳鳴り、めまいの改善に効果のある鍼灸治療

難聴やそれに伴う耳鳴り、めまいに改善効果のある方法として鍼灸治療があげられます。

鍼灸治療の一回あたり4,000~5,000円で、通院回数は人によって様々ですが、20~30回ほど鍼灸治療を続けていくことで、難聴に関する様々な症状が改善する場合が多いようです。

鍼灸治療による難聴の具体的な事例は、こちらのサイトが参考になると思います。

>>耳、顔、頭の疾患への鍼灸治療|なかむら第二針療所

また、この難聴に対する鍼灸治療の実際の改善効果は、こちらのような口コミサイトを見てみると参考になると思います。

>>突発性難聴で鍼灸治療をされた方にお尋ねします。効果は有りましたか?|Yahoo知恵袋

>>突発性難聴の針治療 – 病気 | 教えて!goo

ただ、難聴に対する針治療は地域性があり、田舎に住んでいる場合近くに治療所がない場合も多々あります。

次のページでは、クラシック音楽を利用した片耳難聴の聴力改善方法についてお話していきます。


2ページ目(全3ページ中)
当サイトはリンクフリーです。SNSなどでのシェアや、ブログなどでの文章や画像も引用OK(引用元明記いただければ連絡不要)ですので、ご自由にどうぞ。